本文へジャンプ

    



MoonCafe Menu
       
サイト内のご案内
著作リスト
Works Menu
通販コーナー
不定期制作ブログ
Tales From Third Moon
Millennium Larentia
Another Summmer Story
北斗星奇譚
色彩都市
City Therapist
Merkia
Akira
Etc Stories
紫の骰子
アンケート
アンケート中間報告
CG Moon
CG Show準備中
DL Moon

小沢淳公式サイト

Kindle販売開始しました。小沢作品ページからどうぞ

Chronicle of GoldenAge《黄金期の年代記》新刊
第二世代『双子と御曹司刊行』『もうひとつの翼』『覇のわかれ道』
第一世代編『守護の翼、黄金の檻』『真昼の陽光、宵の薄闇』
『鷹と湖の宴』『曇りなき光の影』『ふたつの世界』刊行
年表順の作品リスト

 Kindle発行の本の詳細はDLMoonにあります。
不定期ブログPaleMoonにて無料キャンペーンセールの告知が随時あります。



Kindle販売中
★Kindleで本の販売を始めました。iPhoneやAndroidでも読めます
Kindleリンクから飛ばないときはamazon小沢作品ページからどうぞ

Chronicle of GoldenAge《黄金期の年代記》の第2世代開幕『双子と御曹司』
太古の長命の種族の系譜を二重に受けた双子たちは《奇跡の双子》と呼ばれていた。
家系自慢の問題児が遊学してきて、方々で騒動を起こし、いやおうなく巻きこまれるが……。


Chronicle of GoldenAge《黄金期の年代記》の第2世代2巻『もうひとつの翼』
視察の旅に同行したカラークは姉の嫁いだアグリアを訪ねる。
使節団は各地を訪問し、時代の流れを変えていく一歩を踏み出す。


Chronicle of GoldenAge《黄金期の年代記》の第2世代3巻『覇のわかれ道』
同盟の提案者にまつりあげられたレストールは、使節の旅の終わりに
現代史に名を残すアルギースとの直接会談を熱望する

作品についての詳しい覚え書きはシリーズの特設ページでどうぞ。年表順の作品リスト





Kindle販売中
★Kindleで本の販売を始めました。iPhoneやAndroidでも読めます

Chronicle of GoldenAge《黄金期の年代記》の1世代3巻『鷹と湖の宴』
兄の婚礼の使節としてカルナの都に赴いたリリアナは、学歓舎の親友だったダリアと再会する。
横暴な夫君と悪辣な義姉に虐げられている彼女助けようとするが、出会いはまた別の展開に導く。


Chronicle of GoldenAge《黄金期の年代記》の1世代4巻『曇りなき光の影
カリュドン併合を狙うアルギース二世は野望をかなえるため、次の手をうつ。
かつての親友ハディンは首都の政務官として、それをとどめようとするが……。

Millennium Larentia《ラレンティアシリーズ》の本編五部作がKindle版で登場。
商業出版の文庫を大幅に加筆修正した保存版。
巻末に地図、用語事典、人名事典つき。
作品についての詳しい覚え書きはシリーズの特設ページでどうぞ。年表順の作品リスト
本編前史にあたる『未踏の道』キリヤ編・子供たち編も登場。

Kindle販売中
★Kindleで本の販売を始めました。iPhoneやAndroidでも読めます

Chronicle of GoldenAge《黄金期の年代記》の1世代5巻『ふたつの世界
平行した別の世界に生きた母の生き方に葛藤しながら、曾祖父と同じ学者の道に進む少年は
建国時代の埋もれた歴史をたどりながら、自分の生の意味を見いだす。


Chronicle of GoldenAge《黄金期の年代記》の続編『暁光の刻』の上巻登場。
黄金の都では、女王後継者候補を決める計画が進行していた。
あまたの能力者の中から三人の娘が推薦される。未発表作。


Millennium Larentia《ラレンティアシリーズ》の外伝『破壊王の剣』
がKindle版で登場
本編からおよそ六百年前、ルー歴四○○年頃の時代の物語です。
本編第二巻や他の外伝に登場する《闇の王子》の人間だった頃の話。後日談もあります。

作品についての詳しい覚え書きはシリーズの特設ページでどうぞ。年表順の作品リスト




Kindle販売中
★Kindleで本の販売を始めました。iPhoneやAndroidでも読めます
Kindleリンクから飛ばないときはamazon小沢作品ページからどうぞ


Millennium Larentiaの外伝『真紅の後継者 上巻』がKindle版で登場

ルー歴495年、輝ける神《ルー》が姿を消してから百年近くがすぎていた。
アルカシア王家の兄弟は、失踪した四代前の先祖に興味を抱き、調べはじめる。


Chronicle of GoldenAge《黄金期の年代記》の第1世代開幕『守護の翼、黄金の檻』
離宮で育てられた少年は自分の生まれを探していく。
より高い地位、より尊い血筋を求めた彼に与えられた運命は……。未発表作。


Chronicle of GoldenAge《黄金期の年代記》の1世代2巻『真昼の陽光、宵の薄闇』
新生アグリア王国の世継ぎアルギースは、正反対の親友ハディンに惹かれている。
ふたりの容姿は真昼と真夜中のようだったが、その中身は逆だった。未発表作

作品についての詳しい覚え書きはシリーズの特設ページでどうぞ。年表順の作品リスト







Kindle販売中
★Kindleで本の販売を始めました。iPhoneやAndroidでも読めます
PCでKindle本を読むやり方は不定期ブログで紹介してます。

Chronicle of GoldenAge《黄金期の年代記》の外伝『神の旗旗のもとに』刊行
二代め女王が位を継いだ王国で反乱が起きる。
首謀者となった大神官は初代女王の落とし子を名のっていた。未発表作。


Tales From Third Moonシリーズ長編MoonLight Horn第一巻『一角獣の道』発行
青い都を出発したふたりは山越えをして、港町トゥリアをめざした。
古代王国の名残をとどめる街道を旅する彼らは、大きな鏡と語りあう謎の青年と出会う。
宿に泊まる路銀もない彼らは剣闘士候補生の試験を受けることになった。


Tales From Third Moonシリーズ長編MoonLight Horn完結巻『密林の聖獣』発行
一角獣の園に集った9人は旅の終着点ですべての真相を知る。
妄執に囚われた黒い獣を追って、エリアードは一角獣の背に乗るが……。
MoonLight Hornのエピローグとともに、後日談の『グリフォンの航海日記』『湖底の呼び声』も収録。
巻末に、その後のエピソードも加えた人名・地名事典つき。

Tales From Third Moon特設ページに詳しい情報があります。





Kindle発行作品の紹介とリンク
『永遠の肖像』『聖者の神殿』『空白の玉座』
『黒天使の影』『海の艦隊』『名前のない都』
『白銀の時の丘』『楕円の森』『深緑の騎士』
『魔術師の弟子上下』『水晶の眼』『炎の記憶』『炎の影』
『女神の祝祭日』『石像はささやく』『不死鳥』『皇帝円舞曲』
MoonLight Horn全8巻『一角獣の道』『月下の出航』
『星と闇の王』『海の真珠』
『金色の少年』『茜の大陸』
『神聖王国の虜』『密林の聖獣』


Millennium Larentia本編五部作、本編前史『未踏の道』
外伝『破壊王の剣』『白い月の森』『夜に旅する者』
『真紅の後継者』

Chronicle of GoldenAge
『神々の果ての扉』『暁光の刻』『神の旗のもとに』
『守護の翼、黄金の檻』『真昼の陽光、宵の薄闇』
『鷹と湖の宴』『曇りなき光の影』『ふたつの世界』
『双子と御曹司』『もうひとつの翼』『覇のわかれ道』

City Therapist『青薔薇の街』『蒼白なる堕天使の街』
『金色のかごの鳥』
北斗星綺譚『薄月夜の恋人』『新月の帳』『七十七夜の約束』
『半身のイディス』『月王譚』
色彩都市『ブルースカイ・ブルース』『イエロー・エッグムーン』
『スカーレット・テンペスト』






でどうぞ

詳しい作品紹介や
イメージ挿画つきです。


現在調整中です

 
  本サイトはスタジオ・さらまんどらが管理しています。
  MoonCafe内のテキストの無断転載・引用はご遠慮ください。
 

 本サイトおよび通販関係のお問い合わせはメールフォームからお願いします。
 ご感想・ご意見も励みにして読ませていただいてます。